ihit's diary

ちょっとしたメモに

Machine Learning for Trading (Lesson8)

Lesson 8 ポートフォリオ1. 正規化株価:日単位の株価の時系列データを初日の株価で割る 2. allocation:正規化後の株価に投資割合を掛ける 3. position value:allocation後のデータに初期値を掛ける 4. ポートフォリオ:position valueの日合計を出すポー…

Machine Learning for Trading (Lesson1~7)

UdacityのMachine Learning for Tradingを観始めた Udacity以下に講義メモを残していく Lesson 1~4 pandas、numpyの使い方 Lesson 5 移動平均:pd.rolling_std(values, window=window) 移動分散:pd.rolling_mean(values, window=window) 移動平均と株価が交…

多次元の微分まとめ

ゼロから作るDeep Learningで多次元の微分の式(5.13)がわからなかったので書き下してみた。 個人的な理由からX,Wの掛け算の順序が逆になっているが、本質は変わらないはず。 まずは定義から \begin{eqnarray} \bf{W} &=& \left( \begin{array}{cc} w_{11} & …

今日やったことまとめ【tensorflow 環境構築】

環境構築 docker imageを用いてtensorflowを動かした とりあえずtensorflowそのものを動かしてみる 参考にしたのは↓ TensorFlowの勉強に必要なDocker導入サバイバルメモ - Itsukaraの日記 docker run -p 8888:8888 -it --rm b.gcr.io/tensorflow-udacity/ass…

環境構築メモ

始めに 環境構築するたびに毎回「今どんな環境だっけ?」となるので、今現在の環境をここに残しておきたいと思う。 環境構築を行うごとにここを更新していきたい。 持っている環境 Windows10 Mac Ubuntu Fedora python 設定方法はここ参照 OS version パッケ…

pythonでLinuxコマンドを実行する

Linuxでlsとかmkdirがしたくてちょっと調べてみた.色々方法はあるらしいがsubprocessを使うのが良さそうだった. #!/usr/bin/env python # -*- coding: utf-8 -*- import subprocess p0 = subprocess.check_call(['ls','-al']) p1 = subprocess.check_call(…

python Tips

mapに複数の引数の関数を渡す def func(x,y): return x*y に対して map(func,range(10),range(11:21)) か map(lambda x,y:func(x,y),range(10),range(11:21)) でOKただし,multiprocessingを使うときはこうは行かなくて def argwrapper(args): return args[0…

SublimeREPLのpythonでopencvを使えるようにする(Mac)

macportsでoepncvを入れてC++でもpythonでも使えるようにしたところまでは良かったものの,SumlimeREPLのpyhtonコンソールでは import cv2 が出来なくて困っていた. 原因はSublimeREPLはMacデフォルトのpythonを使用していたみたいで,macportsで入れたpyth…

Octaveインストール

Mac

CourseraでOctaveを使うということでインストールしてみたが、長く険しい道だった。ちなみに環境はMac OSX 10.9.3まずはMacPorts wikiによると sudo port install octave +atlas+docs で入るとか何とか。 でやってみる...入らない。 atlas入れるところで躓く…

Coursera (week2)

線形回帰のコスト関数をどうやって最適化するか 1. 最急降下法を使う 2. 正規方程式を解く最急降下法を使う際には学習率の調整が必要になる。大きすぎなきゃ収束することが保証されているから、小さいのから大きいのを3倍ずつくらいに分割して学習率を調整す…

Coursera

最近CourseraのMachine Learningの授業を受け始めた。 Coursera(Coursera.org)はいろいろな大学の授業のオンライン講座だ。 日本だと東大が参加している。 Courseraのすごいところは授業にテストや課題があって規定以上の成績を修めると修了証を貰えるところ…

CSVファイルを開くにあたって

とあるcsvファイルを読み込もうとして起きたエラーについてあるtextファイルのデータをnumbesを使ってcsvファイルに変換し data = csv.reader(open("sample.csv")) としたら普通に読み込めた、しかしあるデータをExcelを使ってcsvにして同じようにしたら_csv…

Project Euler 33

33番 分子と分母に共通した数字を取り除くと約分した結果と同じになる分数を探す問題コードは下のようになったけど、正直あんまり良くない reduce_keta関数が分母分子に共通した数字を取り除くんだけど0を含んだ数字を入れるとダメ 今回は0を含んだ数字は明…

Project Euler 32

32番 パンデジタルといって1から9までの数字を1回ずつ使って掛け算の式を成立させる問題 できたもののイマイチ…今回は順列を求めるのにitertoolsを使った またリストやタプルの数字列を一つの数値にするためにreduceを使った 例 reduce(lambda x,y: x*10+y, …

Project Euler 30, 31

30番 各桁を5乗して足すと同じになる数を求める N桁の数の5乗和の最大値は 9^5*N #!/usr/bin/env python # -*- coding: utf-8 -*- summary = 0 for i in range(2,9**5*6): right = 0 left = i while left > 0: right += (left % 10)**5 left /= 10 if i == r…

Project Euler 28, 29

28番 数字を渦巻状に配置して対角に来る数字の和を求める問題 #!/usr/bin/env python # -*- coding: utf-8 -*- summary = 0 for i in range(1,1001+1,2): summary += 4*i*i - 6*i + 6 print summary-3 29番 a^bをa,bそれぞれ2~100に変えた時何個違う数字がで…

Project Euler 26, 27

26番 最長の循環小数を求める問題 #!/usr/bin/env python # -*- coding: utf-8 -*- max_ite = 0 max_d = 0 for i in range(2,1000): iterate = 0 rest = 1 rest_list = [] while 1: rest = rest * 10 % i iterate += 1 if rest == 0 or rest in rest_list: b…

Project Euler 24, 25

24番 0~9の順列の100万番目を求める問題 #!/usr/bin/env python # -*- coding: utf-8 -*- num_list = range(0,10) #0から数え始める Order = 1000000 Order -= 1 ans = 0 for i in range(0,10): tmp = 1 for j in range(1,10 - i): tmp *= j ans = ans * 10 …

Project Euler 22, 23

今回もProject Euler22番 テキストファイルの名前を並び替えてスコア計算pythonでテキスト分解するのは結構簡単 sort()もかなり便利 #!/usr/bin/env python # -*- coding: utf-8 -*- line = open('names.txt').read() itemList = line[:-1].split(',') newit…

Project Euler 20, 21

前々から少しずつ解いてきたProject Euler(https://projecteuler.net/)の自分なりの解答をここに残しておく。20番 100の階乗の各桁の和を求める問題 #!/usr/bin/env python # -*- coding: utf-8 -*- ans = [1] for i in range(1,101): C = 0 for j in range(…

独立成分分析

ICA

春休み「これならわかる最適化数学」これなら分かる最適化数学―基礎原理から計算手法まで作者: 金谷健一出版社/メーカー: 共立出版発売日: 2005/09/01メディア: 単行本購入: 29人 クリック: 424回この商品を含むブログ (40件) を見るを読んで主成分分析(PCA)…

K-means

とある事情でK-meansを実装してみた。大まかな流れとしては 1. 適当にK個のクラスに割り振る 2. それぞれのクラスの重心を代表点とする 3. それぞれの点に最も近い代表点を割り出しクラス分けする 4. 2と3を代表点が動かなくなるまでやる以下ソース #!/usr/b…

はじめまして

とある大学の情報科の学生です。